2019年03月26日

199回目。バレエ眠れる森の美女観た。バンブルビー観た。

<GGコーナー>
 最近なんだか寒い日が続きます。いったん暖かい時があったんで余計に寒く感じます。手袋やマフラーがほしいくらいです、まじで。で、桜開花があちこちで聞かれますがわが街入間市は本日やっとという感じです。昨年の開花日は3月24日でしたね。昨年にインスタにあげてました。
 二年ぶりのバレエの発表会を観てきました。眠れる森の美女全幕です。プロローグ、一幕、二幕、三幕と幕終わるごとに休憩15分入れて約四時間のとても濃いものでした。
 オーロラ姫が生まれて祝福パーティで妖精達に贈り物をもらい招待してなかった性悪妖精に16才で死ぬと呪いをかけられるがまだ贈り物をしてなかった妖精が死ぬのではなく100年間眠る呪いに変えたんだよね。で、なんだりかんだりあって100年経ちある国の王子が狩りにきてオーロラ姫の幻影を見てお城に行ってキスをすると目覚めてめでたしめでたしというストーリーです。発表会ということで無料です。ゲストでプロのダンサーもいるので見応えがあります。舞台、背景やら音楽、撮影、照明などレンタルでもかなりかかるでありましょう。ホール1229席あるんざます。ほぼ満席でした。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

<GGの映画コーナー>
☆彡バンブルビー
 トランスフォーマーの中の一人というか一台というかね。身体はマシンだけど生命体で故郷の星を敵から守る戦いをしてたが形勢不利になり立て直すべく取りあえず目立たない地球に来て地球を守りながら仲間を待つというストーリー。笑っちゃったりほろっとしたりチャーリー少女と絡みながら最後はめでたしめでたし。チャーリー役のヘイリー・スタインフェルドはかわいいよ子供かと思ったら23才。
画像


   じゃじゃじゃじゃじゃああああああああああああんんんんんんねねねねえええええええええええ
                       
posted by 武蔵屋太平 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

198回目。着るものが難しい季節です。キャプテン・マーベル観てきた。

<GGコーナー>
 もう三月も後半でそろそろ桜が咲くらしい。明日は20℃になるかもと天気予報です、どうも今年は雪は降らないみたいだな、四月に降ったという記録があるらしいけど。今度はあの暑い暑い夏が来るんだね昨年は35℃とか記録を更新したりしてましたね。まあ暑きゃあ半袖半ズボンてとこですが、この時期はまだまだそこまでいきません。しかしテニスしたりウォーキングしてるとけっこう汗をかくようになりましたね、したたるまではいかないけど背中はかなりTシャツはかなりですよ。今日は映画を観に行ったんですが朝はまだまだうすら寒く長Tシャツに厚めのシャツでその上に厚めジャケットでしたそしてマスク。映画を観てる時はジャケットをぬいでました。帰りは暖かくなっててジャケットは持つのが面倒なので着てマスクを外したんだっけな。曇ってたけど16~17℃ぐらいでしたね。
<GGのテニスコーナー>
 いつも通ってるテニススクールは今年の夏から工事をして室内になるという話です。コートはカーペットコートというらしく調べると絨毯状?になってるらしい。球足が速いのでスライスサーブはそれこそコートを滑ってくるだろな。しかし半年間工事にかかるというので私などはテニスを忘れてしまうんじゃないかと心配です。レベルががくんと下がってしまうんじゃないかとかテニス用の筋肉がなくなってしまうんじゃないかとか。他のクラブにお世話になるとか考えますが今通ってるとこは歩いて5分だからねー。電車とかバスとか使って行くのはいやざんす。
 スクールバスとか出してくれるといいんだけどな。
 また、皆さんが言うには室内でばかりやってると外でやる時少しでも風が吹いてるとだめだとか、太陽が眩しくてだめだとかひ弱になってしまうんじゃないかなんて言ってます。そうだねあんまり綺麗になっちゃうとシューズの汚さとか目立っちゃうかも。などと噂話に花が咲いてます。
<GGの音楽コーナー>
 最近また曲作りをするような気分になってきました。なんとかブルースを作りたいと思ってますが簡単なようでなかなか難しいです。「簡単だよ、すぐ出来る」と豪語する友達もいますがね。私はというとなんかこうフォークソングみたいのなら出来るんですがねー。歌詞を先に書いてから曲を付けるんですがね、歌詞のイメージを曲にするわけなんだけど。これがなかなかねー。宇宙を題材にしたのとか花とか海とかのイメージはどうやってブルースにするんですかね。やっぱフォークソングのほうが簡単なような気がします。
<GGの映画コーナー>
☆彡キャプテン・マーベル
 マーベルコミックの一つだね、アベンジャーズが出来る以前の話です。最初はなんだかよくわからないストーリー運びだったな。で、味方だと思ってたのが実は悪で、悪い奴らで侵略者とされてたのが実は住んでた星を消され安住の地を探してただけだというのがわかり地球の人間と助け合ってなんとかめでたしめでたし。なんたって顔が半魚人というかトカゲ顔というか、だいたいこの手の顔はいつも悪役だったからな。今回ネコが出てくるが重要なカギをにぎってるんだよ
画像

   じゃじゃじゃじゃじゃああああああああんんんんんねんえええええええええええええええ
                          
posted by 武蔵屋太平 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

197回目。2011/3/11忘れない。運び屋観てきた。

<GGコーナー>
 昨日今日だいぶ暖かくなりましたですね。太陽の暖かさがとてもありがたいですな。昨日は3月11日でした。あの日から8年の月日が過ぎました。2011/3/11(金)です。14:45頃グラグラっときて長い長い時間に思えました。揺れがおさまり階段で下に降りて(7階にいた)近くの小学校に避難しました。今日みたいな暖かくなくてしばらくしてから職場に戻りダウンコートとリュックを取りに戻りました。近くのビルのエアコン室外機が落ちてコードでぶらさがってましたね。その間にも数回揺れてこれはやばいんじゃないかと同僚達と話しスマホで情報を見たり、家族に連絡しましたがつながらず職場に戻ると放送があり仕事に余裕のある人は帰るようにとのこと、しかし電車はストップしたままだし歩いて帰れる人達は帰りましたが私は歩いたらその日に帰れるかわからないので電車が動くまで待つことにし、夕食のためコンビニへ行きましたがサンドウィッチやおにぎりは売り切れでした。なのでカップ麺を買って職場で作って食べたんですよね。
 スマホは何時までたってもつながらず公衆電話がつながると聞いたので家族の無事を確認して帰れるのは何時になるかわからないと伝えたんだった。その後電車が動き出しましたがとても混んでて乗れずというかホームに行けない状態でしたね。道路は歩いて帰る人であふれてました。まるで東京マラソンのスタート時のような感じでしたね。仕方なくその日は会社に泊まり朝一番で帰ったんだった。朝池袋の地下道には帰宅出来なかった人達がたくさんいました。新聞紙やダンボールが敷いてありホームレス状態でした。
 その後計画停電やらトイレットペーパーやティッシュペーパーが売り切れ。ガソリン、懐中電灯、乾電池、防災ヘルメットなども売り切れ。大変でしたね。福島原発じゃ恐ろしいことになってるし。小松左京の日本沈没を思い出しとても不安でしたね。会社の壁のひびを見ると崩れるんじゃないかと思ったりしたな。
 そのご避難訓練の時消防署の人に言われたのはもし今回のような地震で火事になった時消火にいけないので自力でなんとかしてくれと。地震の被害で道路が寸断されたり橋が落ちたり電信柱が倒れ車がストップしてしまい消防車が通れない出動出来ないそうです。自分のことは自分でなんとかするしかないよね、ということで飲み水、非常食、簡易トイレ、防災ヘルメットなどと防災グッズは一通り揃えました。寝るときは懐中電灯を枕元におき着替えもての届く所に置いてさ。
 まあ使わないですむならそれでいいじゃないかということですな。
<GGの映画コーナー>
☆彡運び屋
 クリント・イーストウッド監督主演で実際にあった記事を元に作成された。仕事仕事で家族を顧みず離婚してから商売も駄目になって気楽に引き受けた運び屋。なんと麻薬の運び屋として使われてた。年齢も90になるのであまり怪しまれないのが良かったのか、そしてクライマックス。だんだん麻薬の量も増え当局も麻薬カルテルをつぶそうと必死、そんな時に別れた妻が倒れ見舞いに行ってやっと家族と和解。そして当局に捕まり裁判で自ら有罪を求める。娘、孫娘に「居場所がわかってていいかも」となんと家族愛の映画でした。
 劇中歌でDon't let the old man in はしみじみいいよー。
 50年くらい前にローハイドというテレビドラマに出てたんだよね。その当時からかっこいい人でさ、ダーティハリーのハリーキャラハンとか〇〇ガンマンとかね。アメリカブルース100年かなんかの時ドキュメントにかかわったりすごい人だなと思います。
画像

 じゃあああああじゃああああああああんんんんんんえええええええええねえええええええ
                             
ラベル:運び屋 2011/3/11
posted by 武蔵屋太平 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする